1973年に

1973年に設立された日本証券業協会、ここでは国内にあるすべての証券会社および登録金融機関の有価証券などの取引(売買の手続き等)を厳正、そして円滑にし、金融商品取引業界全体が堅実なますますの振興を図り、出資者を守ることを目的としている協会です。
タンス預金はお得?物価上昇中は、インフレ分現金はお金としての価値が目減りするという現実。暮らしに必要のないお金は、ぜひとも安全性に信頼がおけ、少しでも金利が付く商品にお金を移した方がよいだろう。
銀行を意味するバンク(bank)はbanco(イタリア語で机、ベンチ)が起源であるとの説が有力。ヨーロッパで最も歴史のある銀行はどこなのか?西暦1400年頃(日本は室町時代)に豊かなジェノヴァ共和国で設立され、政治的にも大きな影響があったサン・ジョルジョ銀行といわれている。
小渕首相が逝去、森内閣が発足した平成12年7月、当時の大蔵省より金融制度の企画立案に係る事務を統合したうえでこれまでの金融監督庁という組織を金融再生委員会の指揮監督する金融庁として改編。翌年の平成13年1月、ここに金融再生委員会を廃止し、現在の姿である内閣府直属の外局としてスタートした。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)(エフエックス):公社債国債社債など)や短期金融資産での運用をする投資信託である。気を付けよう、取得後の定められた期間(30日未満)に解約したい場合、その手数料には違約金が課せられるのです。
覚えておこう、保険とは、突然発生する事故のせいで発生した主に金銭的な損失の対応のために、同じような多数の者が定められた保険料を出し合い、準備した積立金によって予測不可能な事故が発生した者に定められた保険給付を行う仕組みです。
西暦1998年12月に、総理府(現内閣府)の外局として委員長は国務大臣と決めた機関である金融再生委員会を設置し、のちに金融庁となる金融監督庁は平成13年1月に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管理下に2年余り位置づけされていた過去がある。
説明:「失われた10年」が示すのは、国そのものであったりひとつの地域の経済が10年以上の長きにわたる不況、停滞に見舞われた10年を語るときに使う語である。
覚えておこう、FXとは、簡単に言えば外国の通貨をインターネットなどを利用して売買した差額によって利益を出す取引のことである。FXは外貨預金や外貨MMFなどよりずいぶんと利回りが良く、さらに手数料等も安いというメリットがある。興味があれば証券会社やFX会社で始めよう!
小渕首相が逝去、森内閣が発足した西暦2000年7月、大蔵省(当時)から検査・監督に加えて金融制度の企画立案事務も移管し平成10年に誕生した金融監督庁を金融再生委員会の管理下にある金融庁として再スタートさせた。21世紀となった平成13年1月、98年設置の金融再生委員会を廃止し、内閣府直属の外局となったのである。
この「失われた10年」→その国全体の、あるいはどこかの地域の経済が約10年の長きにわたって不況や停滞に直撃されていた時代を語るときに使う言い回しである。
一般的に金融機関の評価とは何か、信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関など社債などを発行する企業に関する、支払能力などの信用力を一定の基準に基づき評価するという仕組み。
覚えておこう、外貨MMFとは、国内であっても売買できる数少ない外貨建て商品の一つ。外貨預金よりも利回りがよく、為替の変動によって発生する利益が非課税なんていうメリットがある。さっそく証券会社で購入しよう。
【用語】FX:最近利用者が多い、外国の通貨をインターネットなどを利用して売買して利益を出す比較的はじめやすい取引のこと。FXはほかの外貨取引(外貨預金や外貨MMFなど)にくらべると利回りが良いことに加え、手数料等も安いという特徴がある。FXを始めるには証券会社またはFX会社で相談を。
そのとおり、第二種(一種業者とは取り扱い内容が異なる)金融商品取引業者が独自にファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を開発し、なおかつうまく運営していくためには、想像できないほど本当にたくさんの、業者が「やるべきこと」、さらに「やってはいけないこと」が事細かに規則により求められている。

広告を非表示にする